Ultrasound for Peripheral Vascular Access - Japanese

血管穿刺は多くの場合,単純で容易なものです。しかし時にとても困難な場合があり,失敗を繰り返すことで患者の生命が脅かされる状況が起こりえます。

リアルタイムのポイント・オブ・ケア超音波によって,難しい場合でも血管穿刺を早く正確に行えるようになります。

超音波ガイド下末梢血管穿刺は臨床医,医療従事者が学ぶ必要のある手技といえるでしょう.

末梢血管確保での超音波の有用性

【末梢静脈】
・見えない血管を可視化して使用する- すなわち、より多くの血管を利用できます
・静脈の走行と開存性のより正確な評価に役立ちます
・リアルタイムでの針の視覚化により正確な運針と留置が行えます
・合併症の減少と患者不快感の軽減につながります

【末梢動脈】
・動脈の走行と開存性のより正確な評価が行えます
・確保がより迅速になります
・より中枢側でのカテーテル留置を可能にします
・従来の盲目的手技にはない穿刺とカテ留置の位置確認法です
・従来の盲目的手技と比較して,穿刺中の動脈後壁の貫通を避けられます
・施行数は減少し、医療経済上のメリットがあります
 

このコースでは,医療従事者に超音波を用いた末梢の静脈,動脈へのカテーテル留置を指南します

皆さんはDNTPテクニック(Dynamic Needle Tip Positioning)を利用した超音波ガイド下末梢血管アクセスの理論、実際の手技獲得のための6つの演習、どんな患者を選択して実施するかを学びます。

このコースは全ての医療従事者にとって有用なものです。
・だれであっても
・どこであっても
・どんなサイズの血管でも
・静脈でも動脈でも

ここで紹介する手技の実施に関しては、実施者自らの責任で行ってください。USabcdは手技にまつわる合併症などに関してはいかなる責任も負いかねます。

 

始めるためにそしてもちろん数分後、あなたのアカウントになりますアクセス2 eラーニング取得」をクリックしますあなたは必要-する最初のアカウントを作成します

Get access to this e-learning

0,00 €

Price is excluding VAT.

Please log in or create a new account before adding to cart.