Basic Lung Ultrasound (JPN)

 

Basic Lung Ultrasound e-courseとは

肺エコーLung ultrasound (LUS) は最も革新的な超音波手法です。最新の肺エコーの進歩は技術的な進歩ではなく、わずかな所見(多くはアーチファクト)の解釈に基づくものです。
LUS への注目は急速に進んでおり、この強力な臨床ツールの可能性に期待が高まっています。特に、ICU医師、救急医、麻酔科医、放射線科医、総合診療医や在宅医師などです。
この e-learning コースでは、呼吸系に問題を有する患者への肺エコーの利用方法を学びます。

このe-learning コースの習熟目標は、LUSの実践にあたり必要な以下の項目を理解することです

肺エコーを実施するのに必要な最適の超音波システムを選択する
胸壁構造物2D像で理解する(皮膚、筋肉、肋間、胸膜、横隔膜)
bat-signを認識できる
D肺エコーの基本となる A-lines, B-lines, lung sliding, lung point , lung pulseの各所見を理解できる.
Mモードを用いて正常な ”sea-shore” サインと他の正常な換気に基づく所見である lung sliding lung pulseを伴うA-line像を理解できる
右胸郭における肝臓と横隔膜の同定方法を学ぶ
気胸を認識できる
気胸を除外診断するために必要な特徴的所見やアーチファクトを理解する(lung sliding, lung pulse, and B-linesがある状態)
気胸を確定診断するために必要な2D,Mモード所見を理解する(lung pointの存在)
胸水貯留同定法を学ぶ
病的患者において、LUSを用いてどのような診療を行っていくかを学ぶ

 

 

Get access to this e-learning

45,00 €

Price is excluding VAT.

Please log in or create a new account before adding to cart.